手軽な資金調達の手段として広がるクレジットカードの現金化!基本と注意点を解説!

このサイトでは、手軽な資金調達の手段として広がるクレジットカードの現金化の基本と注意点をサイレンを上げて詳細に解説しています。
一般的な手法をわかりやすく解説しているほか、最近ではインターネットでもできるようになっていますが、この方法についても解説しているのがポイントです。
このサイトの内容を理解することで、初めてでも簡単に行うことができるようになり、いざと言う時に慌てずに利用することができるのがポイントとなっています。

手軽な資金調達の手段として広がるクレジットカードの現金化!基本と注意点を解説!

クレジットカードの現金化は最近では様々なサイトでその方法が紹介されているほか、具体的にスムーズに進める方法が解説されていることも少なくありません。
ただしそのポイントや注意点を十分に意識しておかないと、思わぬトラブルが発生することもあるため注意が必要です。
方法によっては割合が非常に低くなってしまうことも多いので、十分に注意をしなければなりません。
クレジットカードは多くの人が所有しており、簡単にショッピングで利用することができますが、現金を得ることができないのが一般的でした。
しかし現金化の方法を知ることで、いざと言うときの資金調達にも非常に役立つものとすることができます。

目的に合わせて選びたいクレジットカード現金化の方法

クレジットカードの現金化方法は、目的に合わせて慎重に行ったほうが良いことが多いです。
というのも、クレジットカードを使ってこのようなことをするのは決して法律に触れるようなことではないものの、カード会社の規約では基本的に禁止というか、そもそも換金性の高い商品を繰り返し購入しているなど利用状況に不審な点がある場合には、カード会社の判断により利用を停止できるというように書かれているはずです。
違法行為でないのであればなぜ利用をストップされなければならないのかと思うかもしれず、その気持ちは分かりますが、誰にカードを発行するか、その基準をどのように決めるかは利用者ではなくカード会社に決定権があります。
このことが受け入れらないというのは通用しません。
気に入らないのであればカードは使ってもらわなくて結構ですというのが向こうの立場だからです。
従って、目的に応じて方法をうまく選択しないと、不審な点があると見なされてしまうかもしれません。

クレジットカードの現金化がバレる理由

クレジットカード現金化がバレる理由は様々ですが、その1つに挙げられる事は、換金率が高い商品を数多く購入していることが挙げられます。
例えば新幹線の回数券や金券、ブランド商品などの場合には、還元率は非常に高いです。
このようなものを多数購入している場合には、かなり怪しまれることになるでしょう。
特に新幹線の回数券に関しては、昔からクレジットカード現金化に利用されているものであるため、クレジットカード会社のチェックが厳しくなっています。
リスク回避のためにも、還元率の高い商品ばかりを購入するのはやめましょう。
支払いの滞納が多い点が挙げられます。
日ごろから支払いを滞納していれば、特に目をつけられやすくなるでしょう。
直近で遅延や滞納している場合には、高額な現金化はしないほうが得策です。
最悪の場合には強制的に解約されたり、一括請求等のペナルティーを背負うことにもつながります。
そしてキャッシング枠を使い切っている人の利用状況は、注意深く監視されているため十分な注意が必要です。

なぜクレジットカードの現金化は禁止されているのか?

クレジットカードを現金化する方法があるのを、ご存知の方もいるでしょう。
換金率の高い、たとえばブランド物などをカードで購入して、それを買取業者から買い取ってもらうやり方と、安い商品を購入し、買取業者から購入特典として、現金をキャッシュバックしてもらうやり方の2通りがあります。
しかし、現金化が違法とされるケースもしばしばあります。
ただしこの場合は現金化が問題なのではなく、現金に換える時の金利が出資法に違反する点が、違法とみなされてしまうのです。
換金することそのものは違法ではありませんが、こういうやり方は、クレジットカード会社によっては規約違反として禁止されており、場合によっては一括返済を命じられることもあります。
また危ない業者も多く、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
さらに、カードで払った分以上の金額は手元に戻らず、結果的に損をしてしまいます。
このような点から考えた場合、やはりクレジットカードを現金化するのはリスクが大きく、違法でないからではすまされないので、やめておくに越したことはありません。

現金化をせずにクレジットカードを使ってお金を手に入れる方法

クレジットカードの現金化をせずにお金を手に入れる方法はあるのでしょうか。
これは、全くないわけではありません。
クレジットカードの多くにはショッピング枠とは別にキャッシング枠が用意されています。
カードはあくまでも商品購入が主要な目的であってローンで融資を受けることは付帯的なものですから、相当にレベルの高いカードを持っている人でも10万円から30万円程度と決して限度額は高くはありませんが、これを用いることで現金を手にすることができます。
ただし申し込み時にキャッシング枠の利用を申請しておかないと付与されないこともありますし、上に書いたように仮に付与されたとしても限度額はたかが知れています。
もし、現金を急に借りないといけない事態が今後発生するかもしれないなと思うのであれば、どのようなクレジットカードであっても申し込み時には念のためキャッシング枠を設定しておくのも一つの方法です。
付与だけで実際に利用していないのであれば手数料など一切発生しません。

著者:津村紀男

筆者プロフィール

千葉県浦安市生まれ。
大学卒業後金融関係の会社に就職。
自分の経験をもとにクレジットカードなどお金に関する情報を発信しています。
カードの現金化についてもっと詳しく!